Twitterブログパーツ


competition
 
スカルフェスタ -スラロームトーナメント-

category
calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
recommend
recommend
recommend
recommend
Organic Plastic Music
Organic Plastic Music (JUGEMレビュー »)
Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto, orange pekoe
明るくハッピーな気持ちにしてくれる、定番かつ、とびっきり1枚です♪
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<< [diary] 2011.8.6〜8:グラインド&宮下公園 | main | [dialy] 2011.8.13〜17:夏休み >>
[gear] Powerblading 2012
それは昨日、
POWERBLADING: ROLLERBLADING ON STEROIDS (?)
を目にした時のこと。

 アグブーツに、樹脂フレーム+80mmか90mmのウィールがついてる!

確かに、
以前、上記の記事にリンクが張ってある動画を見た時、
『アグブーツにPowerslideのUFSアルミフレームと80mmウィールつけてるなぁ』
とは思っていました。
その時は、ただ、
そういうセットアップで滑りたい人がいるんだ、という認識程度でした。

そして、少し前に、
米国のアグ専門通販サイトで、
RBのUFSの最大90mmのアルミフレームが販売されているのを見て、
『へー、こんなものまで売るんだ。新しいブーツを買うより安くつくしね』
なんて思っていました。
(参考:RB Fusion UFS Aluminum Frame

ところが、
欧米の事情は僕の認識と全然違っていました。
『Powerblading』という名のもとに、
アグブーツにフィットネスのフレームとウィールを取り付け、
『街乗り(高速)+アグレッシブ』を楽しんでいる人たちが、
ある一定の数で存在しているのでした。
英語版のWikipediaには『Powerblading』の記述がしっかりあります。

確かに、
大きなウィールをつけると、
不可能になるグラインド技が出てくるけれど、
ソールだけを使うMakioなどの技なら問題ないはずだし、
何より80mmや90mmのウィールで滑るスピード感は、
好きな人にはたまらないはず。
また、もともと欧米では、
グラインドなしのアグレッシブといったような『Free skatig』を楽しんでいる人たちがいて、
古くはSalomonから、今でもRBやSebaからフリースケート用のブーツが発売されているから、
それを一歩推し進めた感じなのかも。

そして今、
Powerbladingを楽しんでいる人たちは、
アグブーツに、PowerslideやRBのUFSアルミフレームを付けているようだけれど、
グラインドをするなら、やっぱり樹脂フレームが欲しくなるのが道理。
そこで、
アグフレームのブランド“Kizer”が80mmか90mmが入る樹脂フレームを開発中!!
って、これが冒頭のリンクの記事という訳なんです。
そしてこの情報は、
Salomonの樹脂フレームが枯渇している今、
日本の一部の人たちにとっても、これ以上ない吉報のはず!!
僕の希望は、全輪80mm対応の243mm。
これなら、
80mmや76mmでスラロームしたり、街乗りしたりできるし、
硬い72mmや68mmを付ければ、
レギュラーやロイヤルは難しくても、
ソウルグラインドくらいならできそう。
もし何なら、
フレームの真ん中を削って、自分でグラインドスポットを作ってもいいしね。

ここまで書いてきたら、
古株のスケーターの人なら気付くはず。
18年、17年前の状況に戻ってないかと(笑
当時は1足のブーツで何でもやったし、
グラインドをやりやすくするために、
自分でグラインドスポットを作って、小さめのウィールを入れてたよね〜。
もちろん、
当時より全てのギア、パーツは格段に良くなっています。
その上で原点回帰的なセットアップが可能になるとしたら……。
これこそ、ずっと僕が欲しかったブーツ!!
そして僕以外にも、意外と多く人が欲しかったのではないかな、と思っています。
実際、この情報をTwitterに流した直後の僕のタイムライン上では盛り上がってたしね〜

あと、冒頭の記事から推測するに、
たぶんUndercoverがPowerblading用のウィールを開発しているっぽい。
だけど、
Powerbladingの動画を見ると、
Matterのフィットネス系のウィールを付けている人が多い。
このMatterのウィールは『小型のコア+厚めのウレタン』という組み合わせでできていて、
硬度はけっこう硬めになっている。
つまり、
滑らそうと思ったら滑らせやすいけれど、
必要な時はきちんとグリップしてくれる仕様だと思ってます。
(だからスピンやスライド好きな僕自身が気に入って使っています!)
この特性はまさにPowerbladingにぴったりだよねぇ。
もしかしたら、この流れから生まれたウィールなのかも。
ただ、ちょっと違う見方をすれば、
動画のスケーターたちは、
USDやXsjadoとの契約上、Matterを支給してもらっているのかもしれないけど。
USDもXsjadoもMatterも、さらにはKizerもUndercoverも、
同じPowerslideグループ傘下のメーカー。
だから、
Undercoverが開発中のウィールも、
Matterの技術が流用されている可能性が高いし、
それならそれで品質に期待が持てる!

まあ、
何はともあれ、
フィットネスのウィールが入る樹脂フレームの発売、
まだ先の話になるかもしれないけれど、
ちょっと楽しみに待っていたいと思います!!



と、ここまで書いたところで、
『キターーーーーーーー!!』的なページを発見!!
 Powerblading - Powerslide 2012
Powerslideが、Powerblading用ブーツ&パーツを2012年から発売する!!
ブーツはUSD、フレームはKizer、ウィールはUndercover。
ブーツはほとんどアグのモデルと同じで、
ウィールはMatterっぽいですね(笑

まあ、
そんな訳で、
Powerbladingが気になる人は、
いろいろ記事や画像をググッてみてください!!
久々に来期モデルの発売がワクワクしてくるに違いありません!!
 
| gear | 14:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |


コメント
ご無沙汰しております♪
非常に興味深い記事ですねぇ〜☆
最近アグ系の話題が多いので更新楽しみに拝見しております。
最近スラロームはご無沙汰ですが、スラ魂(limo)を背中に
背負って、スラローマーの滑りなめんなョ!
って気持ちで頑張っています(笑)
気が向いた時にでも覗いて下さいネ☆彡

http://turbo.maxs.jp/

ではでは
| TURBO@旋風脚 | 2011/08/15 9:02 PM |
TURBOさん、ご無沙汰しております!
この夏は年甲斐もなく、十ウン年ぶりにアグにハマってしまいました(笑
『オールマイティなブーツで、オールマイティに遊びたい!』
しばらくはこんな感じで滑っていこうと思っています。
それにしても、gで練習できるなんて羨ましい限りです!!
ではまた!
| france | 2011/08/19 7:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://framag.jugem.jp/trackback/1208524
トラックバック