Twitterブログパーツ


competition
 
スカルフェスタ -スラロームトーナメント-

category
calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
recommend
recommend
recommend
recommend
Organic Plastic Music
Organic Plastic Music (JUGEMレビュー »)
Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto, orange pekoe
明るくハッピーな気持ちにしてくれる、定番かつ、とびっきり1枚です♪
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<< [limonade] 新作Tシャツ “uniforme 07” * 先行予約受付開始 | main | [gear] Kizer "SLIMLINE" >>
[gear] USD "CARBON II"
初代の CARBON を、
以前、少しだけ試履きさせてもらって、
オールマイティに使うには悪くないブーツだと思っていたのですが、
いかんせん、カフなしの形状が引っかかっていました。
僕自身が足首を痛めやすいので、
足首の可動域を広げるために、
足首周りがゆるいまま、いろいろ滑っていくのは、
ちょっと避けたかったのです。
そんな折、
2010年の秋に発表された USD のブーツ『CARBON II』。
この CARBON II は初代のいい所はそのままに、
カフ付きとなり、かなりかっこよくなって登場したのです!

このブーツは名前の通り、
シェルの下の部分がカーボン製で、
中がシェルとインナーブーツに分かれていないこともあって、
本当に軽いんです!
軽すぎて、アグブーツには思えないどころか
普通のフィットネスやスラローム系のブーツよりも軽い!

また、
足入れの感触がいい意味で硬いんです。
厚めのヒールクッションや樹脂のソールプレートなどが入るため、
スピード系やスラローム系のカーボンブーツよりは、
多少レスポンスが落ちるのは確かです。
でも、
硬めでアグブーツにしてはタイトな作りのアッパー部分のフィット感と相まって、
アグブーツ特有のふかふか&なまくらな感じは一切なく、
ヒールストラップを締めれば、かかと浮きの心配もなし。
そのため実際に滑れば、きびきび反応してくれて、
蹴った分だけスピードもしっかり乗ります。
フレーム位置もセンターに付いているので、
通常のスケーティングも全く問題なし。
普通に真上に乗れば、
『すぐにブーツがアウトエッジ側に倒れちゃって……』
といったこともありません。
そんな訳で、
フレームやウィール次第では、
スラロームも普通にできます。
(僕はスラもするためにこのブーツを選んだのですが)

ソールも極端に広く作られていないので、
しばらく滑ってソールが削れれば、
多少アウトに倒しても擦らなくなるはず。
ちなみに、
ソールプレートはシンプルな1枚構成で、
フレーム固定の2本のネジで取り付けるので、
交換がとてもラクチン。

カフは、
柔らかめ&低めのVカフなので、
足首の自由度とホールド性が両立。
かなりきつく締めても足首の自由度が妨げられる感じはなく、
トゥ&トゥの滑りをカフが邪魔することもありません。
いい感じに倒れこんだ足首をサポートしてくれます。

そして、何と言っても、
デザインがかっこいい!!
ブラックとホワイトが発売されているけれど、
どっちも甲乙つけ難いかっこよさ。

悪い点は、
シューレースが少々硬くて縛りにくいことと、
ヒールストラップのベルクロ部分が取れてきやすいこと。
でも、
シューレースは160〜180cmくらいのものを探して交換できるし、
ヒールストラップはちょっと面倒だけど、
時々お裁縫すれば、どうにかなるはず。
(もしかしたら僕のブーツのストラップがハズレだった可能性も……)

ちなみに、
僕はガシガシとグラインドする訳ではないし、
REMZのブーツの方がよく掛かるかもしれないけれど、
カーブでも普通によく掛かるし、
ソールプレートも気持よく滑ってくれます。
グラインドに慣れていない僕でも、
このブーツで掛けにくいと思ったことはなく、
十分すぎるくらいです。

それから、このブーツ、
ソールプレートはもちろんのこと、
カフやカフを止めるネジ、ヒールストラップなど、
手軽にいろいろな色に交換できます!
(パーツによっては日本未発売のものもあります)
バックルはRAZORSと互換性があるので、
豊富なカラーから選んで簡単に付け替えられます。
季節や服に合わせて、
自分好みのカラーリングに変更できるのは、
スケート性能とは関係なくても、
やっぱり嬉しいものです。

普通のスケーティング性能に不足なく、
グラインドも気持ち良くできるし、
ジャンプでコケたり、多少手荒く扱ってもブーツに何の不安もないし、
僕がずっと探していたオールマイティに使えるブーツ、
まさにこの『CARBON II』がそれに当てはまると思います。
ブーツオンリーでの販売で約4万円。
でも、
フレームやウィールのセッティング次第では、
1足でスラロームもアグレッシブもできる超軽量のブーツです。
しかも、かっこいい!
インラインでいろいろ遊んでいきたい人にとって、
これ以上ないブーツだと思います!


2011.02.24:『USD Carbon II』と替えのソールプレート(白)@自宅
【 箱入りの USD "Carbon II" と交換用の白いソール(再掲)】
 
| gear | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://framag.jugem.jp/trackback/1208501
トラックバック