Twitterブログパーツ


competition
 
スカルフェスタ -スラロームトーナメント-

category
calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
recommend
recommend
recommend
recommend
Organic Plastic Music
Organic Plastic Music (JUGEMレビュー »)
Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto, orange pekoe
明るくハッピーな気持ちにしてくれる、定番かつ、とびっきり1枚です♪
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<< 週末@7/2〜4 | main | [diary] New Boots!! >>
[skate] ちょっと真剣なフラットランドの話。
1ヶ月くらい前、
『インライン業界自体に閉塞感を感じているし、
 インラインにはカルチャーがないよねぇ。
 場所がないからできないんじゃない?
 そもそもインラインってかっこいいと思われてるの?』
といった話をしました。

じゃあ、
猫の額の場所でもできる遊び方はないの?とか、
手軽にかっこいい遊び方はないの?って、
ひとり考えてたりしていたんです、けっこう長い間。
そして、
『スケボーやBMXのフラットランド的な遊び方はできないのかな?』
といった考えに至って。
(ex. http://www.youtube.com/watch?v=PcbCCFb0zXI の前半)

『グラウンドトリック』というジャンルがあるにはあるけれど、
このグラトリを専門にやっている人は日本にはほとんどいないと思う。
エアやスライドの単発の技をグラトリと言っているけれど、
実際はアグレッシブやスラロームなどと組み合わせて使うことがほとんどのはず。
それならこの際、
この何もない平地で行うグラトリをもう一歩押し進めたスタイルを作りたい!と。
アグの動きやスラの動きなどのいいとこ取りをしつつ、
『動く(滑る)』『回る』『跳ぶ』『止まる』
違う角度からだと、
『裏返す』『切り返す』『回し込む』
これらをコンビネーションでかっこよく見せられたら面白いんじゃないかと。
しかもフラットな何もないところで遊ぶので、
アグのように危険性が上がるようなことはないし、
ブーツも種類を問わず、使えそう!
やっぱり、
フィットネス系の操作性のいいスラブーツだけでなく、
見た目がかっこいいアグブーツも履いて遊びたいでしょ?
って気持ちもあるしね。

話を少し戻して、
スケボーやBMXのフラットランドの技は、
ギアである板や自転車をいかにかっこよく見せるか、
という技が多いと思うけれど、
インラインはメインのギアであるブーツが比較的小さい上、
しかも体の一部(足)と一体になっているため目立ちにくく、
そのギア自体をかっこよく見せることが、かなり難しい。
だから、
できるだけ体の動きを使って、
ブーツをかっこよく見せていくことになるのかな、
例えばグラブをして視線を足に誘導させるとか、
と考えたりも。

インラインを始めた頃、
ワンフットやバッククロスがかなりかっこよく見えた、と思う。
で、かっこいいけれど、
ちょっとがんばって練習すれば、自分もできそうな感じもあったりして、
実際に練習し始めると、そんな長くかからずに習得できる。
インラインを始めるにあたってのきっかけや続けるモチベーションを保つには、
こういった、かっこいいと思った技が早くできるようになることがかなり重要で、
今考えているフラットランド的な遊び方も、
ワンフットやバッククロスのような、
『かっこいい!』と『がんばればできそう!』を両立できるような、
技やコンビネーションの動きが見つかるといいなぁ、と。
そして、それをベースにして、
いろいろ肉付けして、もっとかっこいい動きができていくと思うんだけど……

まあ、
最初は当然、手探り状態から始めるので、
ベースの動きを見つけるのはもちろんのこと、
どんな動きができるのかを見つけていくところからのスタート。
そんな訳で、
今春から昨年買ったXsjadoを履いて、
パイロンに入らずにガツガツ遊んでいます。
まだまだ実験段階だけど、
来春には『どう? かっこよくない??』と、
見せられるように、目下、試行錯誤中。
そんな中、
フラットで遊び始めてから2ヶ月くらい経った先日、
ようやく真っ暗の手探り状態から一筋の光が見えてきた感じで、
今後に繋がりそうな一連の動きができたかも……!?



僕自身の滑りにキレがなくグダグダなので、
お世辞にもcoolな動画とは言えないけれど、
ロックして止まっては戻ってはロックして、の繰り返しは、
ミニランに入っているような行ったり来たりの動きで、
狭いスペースでも十分に遊べる。
さらに静と動のそれぞれのタイミングで技を入れて遊べる。
これは自分的にはけっこう新鮮だと思っていて、
しばらくこの方向でいこうかなと考えているところ。

と、まあ、
僕なりにインラインスケートの新しいかっこよさを発見&提案できたら、
と考えて、最近はこんな感じで滑り中。
もし何かアイデアや意見があれば大歓迎!
ぜひコメントを付けてください!
 
| skate | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://framag.jugem.jp/trackback/1208413
トラックバック