Twitterブログパーツ


competition
 
スカルフェスタ -スラロームトーナメント-

category
calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
recommend
recommend
recommend
recommend
Organic Plastic Music
Organic Plastic Music (JUGEMレビュー »)
Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto, orange pekoe
明るくハッピーな気持ちにしてくれる、定番かつ、とびっきり1枚です♪
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
[trick] スラローム技 04:テイルターン系×2種
僕が最初に始めた時は誰も見向きもしなかったのに、
単独の神戸遠征後に関西から少しずつに火が付き、
いつの間にか1.5ではポピュラーなスイッチ技になった『テイルターン』。
そしてもうひとつ、
Oスピンをテイル風にアレンジした『テイル&ヘッド』。
ここでは、この2つの技をご紹介します。


【テイルターン】


フォアスネークから、
先行足荷重になって腰をできる限り落とし、
後行足のブーツをアウトエッジ側に倒し込みつつ、
上半身を軽く後方へ回して、
1輪目のアウトエッジ側を地面にこすりながら、
半回転してバックスネークにスイッチする。

後行足を蛇の長い『しっぽ』に見立て、
そのしっぽを大きく振ってターンすることから、
『テイルターン』と命名。
基本的には、スネークでゆっくり滑りながら、
フォアからバックへスイッチするための技。
しかし、上記の命名理由のように、
キレのある動きで、いかに大きく後行足を振るか、
これがこの技がきれいに決まるかどうかの判断基準となる。
そのためには、
始動時の先行足への重心移動ができるかどうかがキモ。
半回転の技だけれど、大きく足を振るためには、
ワンフットスピンの時と同じような、
先行足への100%荷重が必須。
後行足を引きずるけれど、
それはあくまで『魅せる』ための動作で、
補助輪代わりにしている訳ではありません。 
また、
後行足をアウトエッジ側に倒さずに回し込もうとすると、
1輪目のウィールが路面に引っかかって、滑らせながら回せないはず。
きれいに1輪目を滑らせるためには、
ブーツのつま先のアウトエッジ側の側面を、
例えば、Seba Highではのサイドのバンパーを、
地面にこすりつけるくらい深く倒しこむこと。
それから、
この技は低速〜中速用の技なので、
高速ルーティンには向いていません。


【テイル&ヘッド】


上半身が1回転する間に振り足が1.5回転する、
足を大きく回し込むスピン技。
入り方はテイルターンと全く同じ。
ただし、
半回転後にパイロンを巻きながらさらに回転するので、
上半身先行で回転を始動して1回転するまで回し込み続ける。
振り足は初めアウトエッジ側に倒し込む意識を持ちつつも、
半回転した時には完全に1輪目のインエッジのみ接地するようにして、
そのままのポジションでパイロンを巻くようにする。
パイロンを巻き終わったら、
その巻いていた振り足を先行足にする。

テイルターンとOスピンのコンビネーション技とも言えるけれど、
回転の始動から巻き終わるまで、
振り足はずっと1輪目のみを地面とこすり続けるようにするのが特徴。
しっかり軸足に乗り切っていないと、
こすりながら回し続けるのが難しいはず。
また、
入りの時だけアウトエッジに倒すようにして、
その後、なるべく早くインエッジ側を倒すように切り替える。
パイロンを巻く時の後半は、
巻いているパイロンを避けるようなイメージの足運びをしています。
回り終わったら、
振り足を前に差し込ませて荷重することによって、
できるだけ減速を防ぐようにする。
この技は、
ゆっくり大きく回し込みたい時に使ってみてください。
スライドしているような音が出せると、より効果的かも。
 
| trick | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


[trick] スラローム技 03:スカートめくり系×3種 , すえぞう
その昔、
インエッジ回りのスピンが主流だった頃、
あえてアウトエッジ回りの技として生まれたのが、
『スカートめくり』というワンフットスピン技。
名称に耳馴染みのある人もいるかと思います。
この『スカートめくり』のバック入りver.を2つと、
『スカートめくり』とは真逆的な動きのスピンも併せてご紹介。


【スカートめくり】


アウトエッジ回りのワンフットスピン。
フォアスネークの先行足のアウトエッジ側を、
パイロンとパイロンの間に差し込ませるようにして瞬間的に止めつつ、
その先行足にしっかり荷重して軸足にしたら後行足を上げ、
上半身を先行させて回しながら、
下半身を後追いで回転させる。
そして進行方向を向いたら上半身の回転を止め、
フリーレッグを軸足の前に回し込んで着地させる。
(フリーレッグ=ワンフットスピン中に上げている方の足のこと)

回転中に上げているフリーレッグを、
回ってふわっとなったスカートに見立てて命名したワンフットスピン技。
なので、元々はブーツの遠心力を利用して、
けっこうゆっくり回っていました。
ただ、上半身や腰の回し込みが速くすると、
回転速度を上げることも可能です。
ただし、フリーレッグのブーツが
遠心力で軸足から離れすぎないように注意してください。
また、
2輪目と3輪目の2つのウィールで回転しながら、
上半身を回し続けると2回転も可能なはず。
何はともあれ、
Fスネークの先行足に100%荷重して差し込ませ、
上半身先行で回転するのがコツ、だと思います。


【フレンチロール】

『スカートめくり』のバック入り&1.5回転バージョン。
バックスネークから、先行足をアウトエッジ側に倒しこみつつ、
同時に上半身をブラインド側に回し込む。
そしてその上半身の回転力と、
軽く蹴り上げたフリーレッグの勢いで1回転半回り、
フリーレッグを着地させたら、
反対の軸足だった足を前に出して、体を安定させる。

下半身が回転を始める前に、
確実に90°以上、上半身を回し込んでいるので、
その勢いをうまく使えば、
特に意識せずにくるりと回れるはず。
ただ、回転のきっかけとなる足の差し込みと、
『スカートめくり』より早めに始める上半身の回し込みと、
フリーレッグを上げるタイミングの取り方が、
慣れるまで難しいかも。
バックからのワンフットスピンはあまり見ないけれど、
この技は最初から僕自身の身体に馴染んで回れたので、
ルーティンの後半でよく使っています。
回転時間が長いのでグラブを入れたり、
この技の前や後にスイッチ技を入れたりと、
いろいろ応用したりも。


【900°ワンフットスピン】


ブラインドサイドのバッククロスから、
フレンチロールの要領で900°回転するワンフットスピン。
飛燕の流れのブラインドサイドのバッククロスから、
足を開くと同時に、Bクロスの後行足を軽く蹴り上げ、
スピンが始まったら上半身をねじり続けてできるだけその場回転をキープし、
2.5回転したら上半身を回し込むのを止めてフリーレッグを着地させ、
スピンの軸足だった足が先行足となるフォアクロスへ。

Bクロスからフリーレッグが固定されるまで、
パイロン1個の横を通過するけれど、
全くその動きを意識していない。
Bクロスの後、一瞬クローズターンのような動きになるので、
自動的にパイロンを巻くように移動するらしい。
その場回転の部分を除くと、
普通の飛燕と同じ足運びになるので、
2.5回転でなく、1.5回転でも回ることができれば、
飛燕のアクセントとしても十分に使える。
それから、
2回転以上回るとくどい感じもあるけれど、
フィギュアスケートのように片足でぐるぐる回っている感は十分に出せるので、
とりあえず、インパクトは残せるはず。


【すえぞう】


オープンのスタンスから、
先行足を上げてフリーレッグとして回り始め、
前を向いたら、フリーレッグを軸足の前に差し込むように着地させるスピン。
実際に片足状態になっているのは、半回転分くらい。

この『すえぞう』は、
『スカートめくり』との対極に位置していると思っているので、
あえて、このスカートめくり系の中に入れました。
 ・インエッジ入り (スカートめくりはアウトエッジ入り)
 ・スピン直前の後行足が軸足になる (スカートめくりは先行足が軸足に)
 ・上半身が自動的に回し込める (スカートめくりは意識的に上半身を回し込む必要あり)
上記の3点とも、スカートめくりとは反対で、
でも、そのため、難易度が低いワンフットスピンになっています。
また難易度が低いので、
慣れてきたら、上半身と腰を速く回し込むことがしやすく、
ということは、スピンの速度を上げることも比較的容易、
ということになります。
それから、
このスピンに慣れる練習として、
方向転換の基礎技『4カウント』から簡単にできます。
腰を開いた後の2カウント目で後行足だけになったら、
その片足状態を少しの間キープしたまま、
上半身を前を向くようにひねると、
その瞬間に1回転して前を向いていると思います。
この動作のスラローム技ver.が『すえぞう』です。
ちなみに、
上の動画では、
フォアクロスの後、後行足を前に運んで、
左右の足の前後の位置を入れ替えるような動きをしていますが、
この動作がちょっとした重心移動と回転の方向付けの動きとなり、
よりスムーズに回転運動に入れるんです。
しかし、
この動作に慣れていない場合は、足を入れ替えずに、
Fクロスの先行足をそのままオープンの先行足にして、
回転してもいいと思います。
 
| trick | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


[trick] スラローム技 02:ワンフットクローズ飛燕 , ロンド
ある一定の動きを繰り返す、
ちょっと難易度が高い技を2つ。
どちらも同じワンフットで半回転する動きがベースになっているけれど、
ふわっと回し込むか、バシッと差し込ますか、
回すタイミングやスピード感が異なります。


【ワンフットクローズ飛燕】


飛燕の中の、俗にクローズターンと呼ばれている箇所を、
先行足のみのワンフット状態で行う技。
ブラインドサイドのバッククロス(BBクロス)の後、
後行足を前にもってくるタイミングでその足に100%荷重し、
BBクロスの先行足を地面から離してフリーレッグにする。
そして、片足で前に向きながら、
フリーレッグを前に差し込ませてフォアクロスになると同時に、
そのクロスの先行足にしっかり荷重して推進力を得る。
Fクロスの後行足を内側に返して逆向きのBBクロスになったら、
先とは異なる足1本で前を向いて再びFクロスへ。
これを繰り返す。

減速するクローズターンではなく、
BBクロスからしっかり加速してFクロスになるオリジナルの飛燕ができていれば、
比較的早く習得できると思うけれど、
減速するクローズターンの飛燕しかできないと、
ちょっと難易度が高く感じるはず。
それでも、片足で回るのはそれなりに慣れが必要かも。
極端な重心移動の練習として使っています。


【ロンド】


『フォアクロス → フォアレギュラースタンス → バッククロス → 逆足フォアクロス → ・・・』
この動きを繰り返す技。(レギュラースタンス=両足でパイロンをまたぐ状態)
フォアのレギュラースタンスで腰を回して後ろを向き、
バッククロスにスイッチする。
そして、そのまま回り続けて上半身の回転を止めずに回し続けて、
Bクロスの先行足をフリーレッグにして半回転し、
前を向くタイミングでフリーレッグを軸足の前に差し込ませて、
最初とは逆足のFクロスにする。
またフォアのレギュラースタンスのタイミングでBクロスにスイッチし、
片足で半回転して、またFクロスへ。

一見、簡単そうだけれど、
見るのとやるのとでは感じる難易度にかなり差が出る技。
上半身の回転を止めずに、ずっと回し続けるようにしないと、
振り返った後のFクロスが入らないはず。
Bクロスの状態でパイロンを通過したのを確認していたら、
確実にFクロスになった時にパイロンを蹴ります。
FクロスからBクロス、そしてまたFクロスへ、
この一連の動作の繋ぎ技として、
オープンターンやクローズターンを使いがちだけれど、
上半身の回転を利用した、こんなさらっとした見せ方も。
見ている人に、難しさが伝わらないのが残念だけど。
 
| trick | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


[trick] スラローム技 01:しゃなり , BBスネーク
講習会を定期的続けていることもあり、
昨年からスラロームについて教える機会が格段に増えました。
お互いが実際にスラブーツを履いている時なら、
その場で滑ってみることができるのですが、
それ以外の時、例えばTwitterのタイムライン上などでは、
技の説明が難しいことが多く、時々困ることがありました。
そこで、
当座の説明で必要になるであろう技や、
fr塾の参加者の復習の際に便利そうな技をピックアップし、
撮影&簡単な編集をして、YouTubeに上げてみました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


まずは、基礎的な技から。
おそらく今の僕の滑りには欠かせない、
少しトリッキーだけどベーシック、そんな基礎応用技を2つ。


【しゃなり】


フォアのクリスクロスの亜種。
クロスの後、足を入れ替える時に、
パイロンの横に抜けながら、(左前クロスなら右側に抜ける)
後行足を後ろから前にもってきて、
その足が次のパイロンでのクロスの先行足になる。
この動作を左右で繰り返すのが、『しゃなり』。
滑走ラインはかなり蛇行する。

ちなみに僕自身は、
足を後ろから前に移動させる時に蹴らず、
腰より前に移動させた足へ荷重することを繰り返すことで、
推進力を得て、加速していく練習として使用。


【BBスネーク】


ブラインドサイド(アンチ側)のバックスネーク。
足の振り幅が先行足が小さく、後行足が大きくなりがちなので、
できる限り振り幅を揃えるようにする。
一見、普通のバックスネークに見えるようになれば、完成。
オープンから入るとスムーズにBBスネークの形になるはず。

「これを練習するとパイロンを蹴らなくなるよ!」と教わって、
このBBスネークの両面を練習し始めたけれど、
実際にパイロンキック率が下がったかは、不明……。
その代わり、腰の可動域が確実に広がり、
バックからのスピンが軽い動作でできるようになったり、
ブラインドサイドの苦手意識がなくなるので、
バック系の技の使い方に幅が出るようになった。
飛燕のバッククロス時に上半身が後ろを向いてしまう人には、
それなりに効果的な練習になるはず。
ただし、言うまでもないと思いますが、
普通のバックスネークが左右両面できるようになってから、
このBBスネークの練習を始めてください。
 
| trick | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


| 1/1PAGES |